米津玄師は、「ハチ」名義でニコニコ動画で、本人歌唱によるオリジナル楽曲を投稿したのを皮切りに、VOCALOIDによるオリジナル楽曲の投稿によって、「マトリョシカ」や「パンダヒーロー」、「結ンデ開イテ羅刹ト骸」などのミリオン再生越えとなるヒット曲を連発。総再生回数2,000万回超えを記録するなど、VOCALOIDシーンの中で突出した存在感を見せてきた。2010年に「ハチ」名義で、「花束と水葬」、「OFFICIAL ORANGE」の2枚のアルバムをリリースし、その中毒性の高いロックサウンドは大きな注目を集めると、2012年には本名である米津玄師名義で、作詞・作曲から演奏、ミックスに至るまで全てを自身で手掛けたことに加え、さらに自身がボーカルをとったアルバム「diorama」をリリースすると、その独自のサウンドと、リアリティ溢れる詞の世界が大きな評判を呼び、たちまち音楽チャートの上位にランク・インするなど大きな注目を集め、さらに動画やアート・ワークに至るまで手掛けたことで、その独特の世界観は多方面から高い評価を集めるようになる。そして2013年、満を持してシングル「サンタマリア」でメジャー・デビューを果たした米津玄師は、デジタルサウンドをベースに、バンド形式を意識した新しい音楽の世界を切り開き、さらにその活動のフィールドを拡大している。

米津玄師は、「ハチ」名義でニコニコ動画で、本人歌唱によるオリジナル楽曲を投稿したのを皮切りに、VOCALOIDによるオリジナル楽曲の投稿によって、「マトリョシカ」や「パンダヒーロー」、「結ンデ開イテ羅刹ト骸」などのミリオン再生越えとなるヒット曲を連発。総再生回数2,000万回超えを記録するなど、VOCALOIDシーンの中で突出した存在感を見せてきた。2010年に「ハチ」名義で、「花束と水葬」、「OFFICIAL ORANGE」の2枚のアルバムをリリースし、その中毒性の高いロックサウンドは大きな注目を集めると、2012年には本名である米津玄師名義で、作詞・作曲から演奏、ミックスに至るまで全てを自身で手掛けたことに加え、さらに自身がボーカルをとったアルバム「diorama」をリリースすると、その独自のサウンドと、リアリティ溢れる詞の世界が大きな評判を呼び、たちまち音楽チャートの上位にランク・インするなど大きな注目を集め、さらに動画やアート・ワークに至るまで手掛けたことで、その独特の世界観は多方面から高い評価を集めるようになる。そして2013年、満を持してシングル「サンタマリア」でメジャー・デビューを果たした米津玄師は、デジタルサウンドをベースに、バンド形式を意識した新しい音楽の世界を切り開き、さらにその活動のフィールドを拡大している。

米津玄師 のライブ,コンサートチケットAI検索結果

107件中 110件を表示

全107件中1〜10件を表示

キーワードにマッチするチケット一括AI比較検索結果はありません。



価格チャート (ログインして詳細を見る)

米津玄師

広告募集 | チケハブ | 国内最大級チケット一括AI比較検索サイト